宇平剛史 作品集『Skin (Folio Edition)』

3,000円(税273円)

3331 ART FAIR 2020 出展アーティスト
宇平剛史 Goshi Uhira 作品集『Skin (Folio Edition)』

何人かの被写体の、多様な肌理(きめ)とテクスチ ャーを持った肌が、白黒の繊細な階調によって表現されている。少し湿度を含んだような、やわらかい質感の紙が用いられ、細 部に目を凝らすと、印刷特有の網点ではなく、細胞のような粒子だけが存在している。紙の毛羽立ち具合や、光の反射具合も、 まるで本当の肌かと錯覚する程の風合いである。

本作『Skin』は、宇平が自分自身に向き合い、自分の由来や存在のあり方を問 う試みの一つである。それを象徴するかのように、表紙を含むいくつかのイメージは彼自身の肌でもある。宇平にとって身体と は、神殿のような未知の存在であり、自然の一部として畏敬を伴って認識されている。自分を知ることは、同時に、自分より大 きな存在について体得することを意味する。宇平はその過程で、拡張された自己として他者の肌をも見つめ、人間あるいは世界 の内奥に潜む本質へと向かっていく。秋山知宏(Tomohiro Akiyama)によるテキスト『内在する宇宙(AnIntrinsic Kosmos)』 を収録。

この作品集は、2018年に上梓された『Skin』を一度解体し、再構築するかたちで制作された。


編集:宇平剛史
判型:202 × 310 mm
頁数:16枚のイメージ、2つのエッセイ
発行元:Self-published
発行日:2019年1月


■3331 ART FAIR 2020 作家ページ



宇平 剛史

1988年 福岡生まれ
2011年 首都大学東京システムデザイン学部卒業
2019年 「Skin」、HAGISO、東京
2019年 「写真新世紀2019年度受賞作品展」、東京都写真美術館、東京

http://www.goshiuhira.com

-------------------

‘Skin’ is artist Goshi Uhira’s first collection of works.
In its pages, the fine complexion and texture of his subjects are captured through careful scaling of black and white tones. He uses paper that is soft and seemingly moist, that when one scrutinizes the images closely, it is not the printing-specific halftone dots but cell-like particles that preside. The fiber of the paper and the sheen on it elicit a skin-like illusion.
‘Skin’ is one of Uhira’s attempts to come to terms with himself and to question his origin and existence. As if to embody this, some of the images, including the one used on the cover, are of his own skin. For Uhira, the body is an unknown territory like that of a sacred shrine, and something to be acknowledged with reverence for being part of nature. To know oneself is to also comprehend the existence of much larger beings. In this process, Uhira views the skin of the others as an extension of his own self and pursues what is hidden in the depth of mankind, or of the world. The book also includes an essay, “An Intrinsic Kosmos,” by Tomohiro Akiyama.
This artist book ‘Skin (Folio Edition)’ was produced through the process of disassembling and reconstructing the artist book ‘Skin’ published in 2018.


Goshi Uhira

1988 Born in Fukuoka
2011 Graduated from Tokyo Metropolitan University, System Design
2019 “Skin”, HAGISO (Tokyo, Japan)
2019 “New Cosmos of Photography”, Tokyo Photographic Art Museum (Tokyo, Japan)

http://www.goshiuhira.com