[牛島光太郎] 一枚物語 〜ちぐはぐな日々の話〜

1,760円(税160円)

2019年”3331 ART FAIR recommended artists”に選出された注目作家 牛島光太郎さんの作品「一枚物語」が収録された1冊です。

牛島さんの作品の多くは、モノと言葉が組み合わされて作られています。脈絡のないモノと言葉の組み合わせは、観るものにそれぞれの物語やそれらの間にある物語を自由に想像させます。「一枚物語」では、牛島さんが映画や漫画、雑誌などを通して出合い書き留めた言葉をドローイングが組み合わさっています。そのユニークでウィットに富んだ言葉とドローイングは、ぱらぱらとめくって眺めているだけでも、じっくりと物語を想像しても楽しむことができます。

本の背がむき出しになったコデックス装からは、数百の作品と無限の物語が収められているのが感じられます。

発行:アリエスブックス
サイズ:B6変型判
ページ数:192ページ
価格:1,600円+税


―――――――――――
牛島光太郎  (ウシジマコウタロウ)(著)
1978 年福岡県生まれ。言葉を用いた作品を制作。日本での活動に加えて、ドイツ、台湾、中国、ニューカレドニアなどで作品を発表。関西国際空港や百貨店の吹き抜け空間・ショーウィンドウなど公共空間への大規模な作品設置の他、里山や市街地でのアートプロジェクトを実施。個展、グループ展、多数。2017 年より、松山市に在住。